2007年04月30日

BACK TO THE FUTUREのアレ。

DMC デロリアン DELOREAN MOTOR COMPANY
4_29 004.jpg 4_29 011.jpg

うおー!かっけー!!

どうも、サイトウジュンです。

実車を見るのは人生2度目。
子供の頃、近所にオーナーがいて(会った事はない)、それ以来、15年振り位です。
残念ながら、走っているのを見たことはありませんが・・・

アレ↓
4_29 010.jpg 4_29 009.jpg

他にもこんなやつとか
4_29 006.jpg 4_29 007.jpg

こんなやつとか
4_29 001.jpg 4_29 003.jpg 4_29 002.jpg

こんなやつまでいました。
4_29 008.jpg
メッサーシュミットKR175/1954年式
posted by サイトウジュン at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

雑記:打ち合わせ帰り

エフカはライブに向けたリハよりも「ライブで何をやらかしてやろうか、ぐふふ…」を話し合う方が大変なのです。
念の為言っておきますけれど、もちろんリハも相当突き詰めますよ。

今日はノリと勢いも絶好調で、未だかつて無い、素晴らしく下らない企画が決まりました。
来月が楽しみですぜ、ぐふふ…

どうも、サイトウジュンです。

春の行楽シーズンになると
「先生!バナナはおやつに入るんですか?」
と言っていたベタな幼年期を想い赤面します。
多分…今でも言っちゃいますけどね。

「ヨーメイくん、BEERはおやつに入るんかな?おやつ300円とかあり得んでしょう。発泡酒2本でアウトですよ。」

「ジュンくん、見つからなければ全然ヨユーでしょ。俺はボトル2本持って行きますよ、マジで。」

フツーに普段からしてそうな会話だな。
posted by サイトウジュン at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

フラット・スタンリー君

CA330636.jpg暑かったり寒かったり、困るよね。

どうも、サイトウジュンです。

先日の柏ZAXに飛び入り参加した、ハワイからの使者「フラット・スタンリー君」

ガルシアさんの姪っ子ちゃんの学校の課題で日本にやって来たらしい。
半信半疑な人もいたと思うが、マジでハワイから来たのだ。

日本でのエピソードと写真を土産(?)にハワイに帰って行くそうです。

とても国際的で愛と平和な話だと思いません?

それにしても姪っ子ちゃん、まさか日本でライブに参戦するとは思いもしなかっただろうな。

みなさま、ご協力感謝☆
posted by サイトウジュン at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

珍しく友人の話、音楽の話。

特に買い出しに行かずとも、特に清掃をせずとも友人を振る舞う事のできる松井邸は、尊敬に値する。
そこに足りないのは、適度な炭水化物と玉ねぎ、ニンニクくらいのものであろう。

どうも、サイトウジュンです。

数年前、よく連んでいた人々の中に、ノイズ系キーボーディストの蓮尾という男がいる。
当時の彼には、愛している音楽・発信したいサウンドがハッキリと見えていた(と思う)が、それを表現する為に必要な仲間や手段がなかった。

俺自身も、ノイズ系やテクノ、インプロビゼーションな物やアバンギャルドな音が大好きであったので、よく2人でスタジオに通っては、彼の発するノイズのループに合わせてドラムを叩いていた。
今思うと、最強に前衛的だった。

あの手の音は非常に奥が深く、大音量でしばらく聴いていると、その中に特定のグルーヴや混ざるに違いないコードが見えてくる(気がする)のだ。

それはそれはとても気持ちの良い世界であり、完璧な世界であり、時間が許すのであれば、いつまでもその波に身を委ねていたいと当時は思っていた。
その時々に、オーディオテクニカの染みったれたマイクでRECした音でさえ、2人の「狂演」には何かしら可能性のようなものが垣間見えた(と思う)

しかし、2人共が今よりまだまだ若く、その可能性の欠片を生産的な方向に導く事ができなかった。
その後、お互いに色々と忙しくなりスタジオで顔を合わせる事もなくなった。

それから暫くして、俺は松井陽明の声に、エフカに出会った。

蓮尾はどうしているだろう?と時々思う。蓮尾に限らず、今まで出会ったみんなはどうしているのだろうか?

そんな折り、蓮尾の音を聴く機会があった。

「school food punishment」

荒削りだけど素晴らしいバンドだと思った。
彼はしっかり自分の道を見つけたようだ。

今日、松井くんと難しい話をしつつ、蓮尾と「仲間達」の生み出すサウンドに耳を傾けた。
とても素晴らしい時間だった。

蓮尾、ありがとう。

そして、良かった!

たまには飲もう☆
posted by サイトウジュン at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

素晴らしき我が親族

我が家は家族の繋がりがとても薄い。
(これは自分だけがそう思っているだけかもしれないが…)

どうも、サイトウジュン(長男)です。


実際のところ、姉の消息・弟の消息を把握しておらず、連絡先さえ知らないのだ。

そんな最中、mixiを通じてリアル従姉妹から連絡があり、1月のmroph、3月のO-WEST、そして先日の名古屋HOLIDAYにまで観に来てくれたのは本当に心から嬉しい事なのである。
さて、@名古屋にて従姉妹から会話の流れで聞いた、我が姉・我が弟の近況。

弟はウサギを飼っているらしい。
ああ、そうかー。これは俺の想像力の範疇で収まるぞ。

そして姉はというと…

「去年の9月に会った時、妊娠してたよー。」

……………!!

妊娠!?

じゃあもう生まれてるじゃんか!
俺、知らないうちに叔父さんじゃんか!!

余りにも驚いて、その晩、母に電話をかけたのだ。

「姉(実際にこう呼んでいる)子供産んだんだって!?」

「え?知らない、産んでないわよ。」

「あれ?だって去年法事の時に妊娠してて彼氏も連れて来たって…」

「知らないわよ。」

???

「。。。ああ、赤ちゃんできて結婚したのは〇〇ちゃん(従姉妹)よ。」

ねーさん、ガセネタかよっ!!

と言うか、混乱するので、おばはん(実際にそう呼んでいる)ももう少し違う対応をお願いします…
「知らないわよ」て…

「アンタ、それよりあんまり飲み過ぎるんじゃないわよ。」

それよりかいっ!!

思い出しました。
中学生の頃、帰りが遅くなるので電話をした時の一言。

「蚊に刺されないようにね。」

いやいや、参りました。降参です。
posted by サイトウジュン at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。